保存食づくり come fare la frutta pere

なんと!すずなりになった洋梨が、朝見るとどさっと落ちています。蜂と取り合いしながら収穫します。

小振りでとても甘くてジューシー。

切っても可愛いので食べるのがもったいないくらいです。あまりにもたくさんとれるので毎年シロップ煮にします。

私はこの作業が大好き。

口の中に入る方が多いかもですが(笑

カットしたpere(洋梨)をレモン、砂糖、お水で作ったシロップで、くらくらっと煮て灰汁をとり、熱いうちにビン詰めします。

 

熱いうちにビン詰めしてひっくり返しておくと中の空気が抜けてくれるのです。

出来上がり〜。

保存食づくり come fare la frutta pere” への1件のコメント

  1.  イタリアからのちえちゃんのお料理の世界や、ひろちゃんの個展やイラスト、
    毎日とても楽しみにしてました。
     たくさんのかたのつながりの中で、どんどんきらきら楽しみと輝きが増して、
    いつもとても素敵だな~とこちらまでわくわく♪です。
     また、たくさんのお話、お料理、教えてくださいね。
    いつも、ありがとうございます。。。

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA